仕事探し・職探しは第一歩、採用され就業することが最終目的

>

求職方法の変遷と昨今のトレンド

自社サイトでの求人募集

自社の求人サイトで求人する場合、自社のスペックで求人情報を掲載することができます。
自社のホームページを作成する費用は発生しますが、一度サイトを作ってしまえば、募集の掲載期間に応じた掲載料は発生しません。またフォーマットが比較的自由ですので、自社のフィロソフィをアピールし、求人をすることができます。しかし、応募条件・応募状況の変化に応じて自社で更新を掛けなくてはいけないこと、求人に対してのノウハウが蓄積されていないと、ターゲットとなる人材を採用できないなどの、デメリットがあります。
また求職する立場のメリットで考えてみると、求人情報に併せてその企業の様々な情報を得ることができるという点があげられます。何よりも、採用されて働きたい企業が、今どの部門で求人しているかがすぐに分かります。ただし求職者は一社一社サイトを訪問し、求職の登録をしなければなりません。

転職支援サービスを利用した求職活動

求職する立場で、転職支援サービスのサイト利用のメリットを考えてみましょう。
検索条件で絞り込まれた複数社の求人情報が一緒に検索されるので、共通のフォーマットで求人条件をじっくり比較できること。求人サイトに基本条件を登録しておけば、同時に複数社の求職の応募ができる点があります。また応募した企業以外からも、希望業種を求人している企業から、スカウトという形で案内が届く場合もあります。
注意すべき点は、求職の個人登録情報の更新、採用が決まった時の登録の停止処理を忘れないことです。古い情報のまま残っていると、ピント外れの求人情報がいつまでも送られてきます。
求人する立場から考えると、専門の支援サービスに依頼することによって、ターゲットを絞った求人ができます。ただし、求人の掲載期間に応じてサイト運営会社への掲載料がかかることは言うまでもありません。


TOPへ戻る