仕事探し・職探しは第一歩、採用され就業することが最終目的

>

厳しい現実、フリーターとミドル

脱フリーターに向けて、正社員採用

フリーターの求職の基本は、やはり求人サイトで探すのに加えて、ハローワークなど就職支援サービスも利用されています。
言うまでもなく正社員の場合、多くの企業は仕事をする前とした後では改善されていくことが求められます。特に年齢が上がるほど、その傾向は強まります。現状の仕事をこなすだけならば、パート・アルバイトで充分です。
また掛け声とは裏腹に、フリーターの正社員化が進まないのは、応募可能な求人が少ないからです。ネットなどで未経験OKの求人に応募しても、書類審査で落とされてしまいます。
フリーターの求職はハローワークの担当者から紹介してもらうのが、近道になります。その求人先の事情を知っているアドバイザーは、非公開案件も把握していますし、就職活動のフォローも受けられます。
自分自身が正社員として勤める覚悟を持って、求職の支援を受けましょう。

ミドルの求職活動

ミドルの場合ハイスペックの求人サイトはある一方、一般的な求人サイトで仕事を探すことは難しくなっています。ミドルの求職支援サイトは登録をした後、求人企業を紹介する形式のものが多く、直接求人企業情報が掲載されているサイトは多くはありません。
30代までは企業もキャリアの長期育成を見据えて採用しますが、ミドルの採用の際にはそれまでの経験・キャリア・仕事に対するモラルなどを重視します。
面接の際に求人側・求職側のマッチングはお互いに判断されますが、求職側は正社員採用・企業規模・給与に拘らない方が成功する確率は高まります。
高い所得を得ようとするなら、30代までにはない経験・資格・マネジメント力が当然求められます。
採用側としては、その人が謙虚な気持ちで周囲に溶け込めるかも、採用するポイントとなります。経歴・資格などについても事実のみ書くことにとどめ、必要以上にアピールしないことが無難です。


TOPへ戻る